正社員とフリーランスの魅力

エンジニアとして活動する上で、避けて通れないのが独立という働き方を取るか否かの選択肢を迫られることです。現場で開発に携われる期間が極めて短い職種であることが理由となります。

IT業界は技術の進歩が早く、いずれ年齢を重ねるとその変化についていけなくなります。そこで専門性を高めて独立し、フリーランスとなる人が増えるわけです。あるいは、正社員として安定した収入を確保する選択肢を選ぶこともできます。ただしこの場合、開発現場に留まることは難しく、大抵は管理者としてのスキルを求められることになります。逆にプロジェクト全体を管理したり、あるいはマネジメントすることに魅力を感じる人にとっては正社員は魅力あるものといえます。

その一方で、あくまでもエンジニアとしてのスキルを高めることにこだわる人には、フリーランスという働き方が魅力あるものに映ります。報酬も自分の裁量で増やすことが可能ですし、一般のエンジニアでは対処できない難題に取り組む機会にも恵まれます。何よりも自分が積み上げてきたスキルを高く評価されることに満足感を覚えることができます。これは単に仕事を与えられる正社員には味わえないものです。収入の不安定さというリスクは伴いますが、努力がダイレクトに収入につながることにやりがいを見出すわけです。このような仕事への取り組みにおける価値観の違いが、正社員とフリーランスのどちらを選ぶのかにつながるのかもしれません。