人間関係の苦労における違い

現場での人間関係は働きやすさを大きく左右するものですが、しばしば苦労の種になる要素でもあります。IT業界のエンジニアは、以前は1人で働いていても現場で必要とされているから許容されるという状況もありましたが、現場での協調を行って協力して仕事に取り組むことが必須になっているのが現状です。

そのため、企業で働くためには人間関係の樹立に対する努力をしなければならないでしょう。しかし、正社員として現場に出るか、フリーランスで現場に参画するかによって苦労の様子にも差異があります。正社員では長く円満な人間関係を保たなければならないため、長期的な付き合いを考えた人間関係の樹立が必要になるでしょう。しかし、すぐに現場に馴染めなかったとしても、だんだんと良好な関係を作り上げることができれば問題はありません。

一方、フリーランスの場合には現場で働く期間は数ヶ月から2、3年という程度のことが多いため、長期的な付き合いを念頭に置いて人間関係を築く必要は必ずしもないでしょう。ところが、速やかに円滑に仕事をできるようにするためには、現場に出向したらすぐに社会人として適切な信頼関係を作り出さなければなりません。正社員かフリーランスかによってIT業界のエンジニアは人間関係に関する視点を変えなければならず、それぞれに大変な面があるでしょう。1人では成し遂げられない仕事が増えているからこそ、現場で働くためには多かれ少なかれ苦労せざるを得ないのです。