求められるスキルが異なる

エンジニアは、正社員として企業に勤めているときと、フリーランスをして仕事を受注するときとでは仕事のやり方に大差が生じます。そのため、現場で働く上で求められるスキルは全てが共通しているわけではなく、相違点もあるのには注意しなければなりません。

正社員の場合には、企業で集められたプロフェッショナルの集団の中で自分に任された役割を果すことが重要です。ある特定の業務に特化したスキルを持っていて、はじめて活躍できるようになります。チームプロジェクトになるので、他のメンバーの仕事を理解できる程度の知識は必要になりますが、他の業務を遂行できるほどのスキルは持っていなくても支障はありません。

一方、フリーランスになると状況は異なり、ある特定のスキルだけを持っていても仕事に窮することになってしまいがちです。仕事を受注できるようになるには幅広いスキルが必要であり、1人で1つの製品を完成させられる程度のスキルを持つことが大切になります。プロジェクトのメンバーとして働くという場合にもメンバーの入れ替えに応じて柔軟に働くことを求められたり、進行中のプロジェクトの全体をすぐに把握して自分の役割を理解したりすることも求められるでしょう。正社員で働く場合に比べて、広く知識を持っていて理解が速いことも重要になります。フリーランスをはじめる上で、ただ1つのスキルを深く磨いていくだけではなく、幅を広げていく努力もしなければならないのです。