両者に共通していえる点

IT業界ではエンジニアが現場を変えて働くことは多く、別の仕事に携わりたいときやスキルを生かして待遇の改善を図りたいときに活用されます。転職として正社員で働ける職場を探したい場合には、求人広告を集めて比較をし、自分に合っている仕事内容の求人を見つけて応募するというのが基本的な流れです。

一方、転身してフリーランスを始めたという人の場合には、まず仕事を探す必要があります。個人事業主になるには申請書を提出するだけで済みますが、仕事を見つけなければ収入を得ることはできないでしょう。フリーランスの場合には、数ある案件の中から自分のスキルで担える仕事を探すというのが一般的な方法です。

どちらにも共通しているのは、エンジニアとしてのスキルが発揮できる求人や案件を見つけ出さなければならない点であり、それができないと正社員になっても再び転職をしたり、フリーランスとして仕事が見つかっても十分に遂行できない状況になったりしてしまいます。そのため、エージェントを利用するのがおすすめです。自分のスキルに合っていて、年収や報酬なども自分の希望に沿っている現場や仕事を紹介してもらえば安心でしょう。エージェントを利用すれば、個人と企業の両方の事情を理解した上で求人や案件を探してくれるため、互いのメリットになる求人を紹介してくれます。正社員への転職でも、フリーランスの案件探しでもエージェントが重要なのがIT業界です。